Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

ならでわ屋 こだわりのストーリー

<< にゃ〜! | main | 「ため息」の話 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お客様の声
商品:鯛のかぶと焼

東京都のM.Sさんから嬉しいお声をいただきました♪
子供の生後100日のお食い初めで、鯛のかぶと焼きを注文しました。見た目も立派で塩味もちょうど良く、美味しくいただきました。皮や骨などで作った汁物は濃厚で、皮に少し残った塩だけで、味付けいらずで美味しくいただけました。塩をたたく時いつも落ち着いてるお祖父ちゃんが1番はしゃいでて、楽しいお祝いが出来ました。ありがとうございました。

鯛のかぶと焼はお祝い事にピッタリ!
M.Sさんはお子様のお食い初めに鯛のかぶと焼をご注文してくださいました。


ここでちょっと豆知識ひらめき
お食い初めとは、子どもが一生、食べ物に困らないように赤ちゃんに食べ物を食べさせる真似をする儀式。お食い初めは赤ちゃんが生まれてから100日目に行なうのが一般的で、地区によっては120日目に行うところもあるそうです。

用意するものはすべて新しい食器。正式な形での祝い用の食器は、箸は柳の白木、お椀は鶴、松などの蒔絵(まきえ)模様の描かれている漆器のもの。お膳は紋付で男の子なら朱塗りの膳、女の子なら外側が黒塗り、内側が朱塗りの漆器を用います。
儀式は、祖父母や親戚の中の長寿の方(養い親)が箸をとり食べさせるマネをします。これも長寿にあやかると言う意味があり、男の子なら男性に、女の子なら女性に頼みます。

食の内容は『1汁3菜が基本』で鯛などの尾頭付きの焼き魚(これに今回かぶと焼を利用されたんです♪)、すまし汁、煮物、香のもの、赤飯、白飯。
さらに、丈夫な歯が生えるように、歯固めの小石と、しわがいっぱいになるまで長生きできるように梅干を添える習慣もあります。また、二の膳として紅白の餅を五つ添えるのが本格的なものです。

ちなみにお宮参りのお土産(?)にお箸や食器をプレゼントしてる神社もあるようです。


今回は、お子様の将来を願う儀式に私どもならでわ屋鯛のかぶと焼(塩釜焼き)」がお役に立てて本当に嬉しく思います。ありがとうございました。
| ならでわ屋.com(お客様の声) | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:59 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。