Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

ならでわ屋 こだわりのストーリー

<< 年末年始の配送について | main | あけましておめでとうございます。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
草加家さんコラム 第4回 伝統食 かんころ餅
画像:かんころ餅かんころ餅は長崎県五島に伝わる伝統食。これからもずっと大切にしていきたい



かんころ餅という食べ物は、いまの時代が求めている食べ物だと思います。自然食だし、健康的で。そして長崎県特有の風土から生まれたものでもあります。スローフードという点でも、大切に守り続けていく価値があると思いますね。



上五島では生き甲斐づくり、健康づくりのために、かんころ餅つくりに補助金まで出しているんですよ。

私にできることは、高齢化している作り手の方々に、この先10年、15年、どうか元気で作り続けてくださいね、とお願いするしかありません。




彼らは今でも、お嫁に行った娘に、孫に、親戚に、かんころ餅を送っているんですよ。そのために作り続けている。そのスタンスは変えてほしくないんです。



「まとめて買うから、高く買うから、何とかがんばってたくさん作ってください」とか、

「孫子に送るのを止めてまで売ってください」とは言えませんよ。

言っちゃいけない。

かんころ餅は、貴重になったからといってありがたがって高級品みたいに扱うような食べ物ではないですよね。高級な器に盛って、正座して食べるようなものではないんです。



ごく普通に、子供たちのおやつに、火にあぶって、アツアツ言いながら手でつまんで食べるような、普段着の食べ物なんですよ。そういうかんころ餅を残していきたい。また、そういうかんころ餅でなければ意味がないと思うんです。



私はこれからも、おいしいかんころ餅を作り続けます。皆さんには、今まで通り気取らずにおいしい食べ方をしてほしいですね。





おいしいものはきっと残っていきますから。










長崎県佐世保市にある創業52年の和菓子店を営む二代目。伝統を大切にした素朴なお菓子を作り続けながら、近年はサツマイモ入りの天然酵母パンも開発。パン教室や、出前授業など、食の大切さを伝える活動にも精力的に携わっている。





[スタッフのひとこと]

かんころ餅は、気の遠くなるような時間と手間をかけてつくられた、まさにスローフード。子ども達や孫達へ、美味しいおやつを食べさせたいという島の人達の愛情が生み出した食べ物なんですね。
| つくり手の思いを伝える コラム(草加家) | 15:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:57 | - | - |









http://naradewaya.jugem.jp/trackback/109