Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS

ならでわ屋 こだわりのストーリー

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
うに・ウニ・雲丹
皆さんは「海」という言葉から何を思い浮かべますか?
夏・サーフィン・波・海水浴・砂浜・貝殻・湘南・シーグラス・夕日・・・

「ならでわ屋」のある佐世保の人達の多くは、
きっと西海国立公園・九十九島(クジュウクシマ)を思い浮かべると思います。

大小208の島々が点在し、島の密度が日本一のこの風光明媚な九十九島では、
遊覧船でのクルージング、シーカヤック、釣り、海水浴、キャンプなど色々な楽しみ方ができ、
佐世保市の重要な観光スポットとなっています。

そして、もう一つ九十九島で忘れてならないのは、
一年中、波穏やかなこの海で育てられた豊富な海の幸です。
九十九島の豊かな緑が、海の生き物の食料となる植物プランクトンをたっぷりと与えてくれ、
海の幸を育ててくれているんです。

最近よくこのブログにも登場する「高島のかき」もこの海で育ったんですよ。
これからどんどん寒くなる冬には欠かせない鍋料理にピッタリの牡蠣は、
ならでわ屋でも人気の商品の一つです。

高島といえば、「高島の粒うに」もおススメ商品の一つなんですよ。
「ウニ」の旬は夏・6月頃なのですが、このおいしい時期に獲った「ウニ」をすぐに瓶詰めにし、
鮮度を保つ最良の方法・瞬間冷凍で保存されています。
だから冬のこの季節でも暖ったかい部屋で飛びきり新鮮な「ウニ」を、味わうことができるのです。

昔ながらの手作業で身をひとつひとつ殻から丁寧に取り出して水気を切り、
素材の風味を最大限に活かすため一切の調味料や添加物を加えず、
塩分をおさえてビンに詰めしてあるので、とても自然な潮の風味のウニが味わえるんです。

是非ゼヒ、アツアツご飯といっしょに「高島の粒うに」をご堪能くださいねるんるん
あっ、酒の肴熱燗にもgoodですよ。
誰か私にお歳暮で贈ってくれないかな〜ラブ


| 食べる(魚介類) | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
むき牡蠣と殻付かきのセットは魅力!長崎県 九十九島の高島かきセット
美味しかったよ!九十九島・高島かきセット

高島かきセットを自宅用に注文して食べましたっ!!
先週の火曜日に注文した牡蠣セット(むき牡蠣と殻付き生かき)が金曜日出荷で、金曜日に到着しました!(地元なので…)
あけてびっくりびっくりの充実した内容で!ボリューム的にも大満足でした。

むき牡蠣はプリプリ!しっかり入ってます!!

これで2500円+送料とは!!!納得ですよね!!

実は、日曜日に身内の発表会打ち上げで、牡蠣鍋をやろう・・・!と購入したのですが、説明書に書いてあったとおり、涼しい納戸にフタを少しずらしてあけて、置いていたら、「殻付き生かき」君は日曜日にももちろん元気に生きていました。
もちろん「むき牡蠣」の方はすぐに冷蔵庫に保管しました!

鍋が美味しかったのは、言うまでもありませんが、「むき牡蠣」とのセットなので、とにかく鍋に入れるだけの手軽さが、とても便利でよかったと我が家の女性軍が申しておりました。注文してから「むき」作業をして発送される牡蠣だから、新鮮で美味しいのです。

「殻付き生かき」の美味しくて手軽な食べ方をご紹介します。
,皿の上に6〜7個の牡蠣をそのまま載せます。濡れた新聞紙をかぶせ、その上にラップを載せます。E纏劵譽鵐検紛500W)で約5分間調理します。い修里泙泙燃く牡蠣もありますが、付属の牡蠣開け器具で開けて食べます。(全部開いてしまうまで熱すると硬くなってしまうので、少しはやめにとめました)
開けやすく手軽で、身がふっくらと丸く仕上がって、とてもオススメの食べ方です。

以上美味しかった九十九島・高島の牡蠣セットのレポートでした。
| 食べる(魚介類) | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
お疲れ様会にかき鍋じゃ〜
あ、足がつりそう・・・。たらーっ
実は、明日、ある習い事(ちょっと秘密です〜)の発表会なので、今日は昼からリハーサルでした。
仕事をしながらの発表会準備は、想像以上に時間的、体力的にもしんどかったし、家族にも多大なる協力をしてもらってやっとこぎつけたって感じです。
(ありがとうございました〜)ラブ

そこで、明日の夕食は、お疲れ様会として、「かき鍋」をしようということになり、ならでわ屋から、高島の九十九島かき「むき牡蠣と殻付かきセット」を注文しちゃいました。

内容は、当然知ってはいたのですが、実際届いた箱をあけたら、かきの量と、剥き身の大きさにびっくり。あれ〜、こんなに多かったっけ?って感じです。
これで、2500円+送料は安い〜。
ムフフ・・・明日が楽しみです。モグモグ
と、その前に、舞台をがんばらなくては・・・。
| 食べる(魚介類) | 23:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
東浜伝承 一風干し
月曜日担当のサンが、東浜に取材に行くぞ〜!!と気合を込めて書き込んでいた記事を覚えていらっしゃいますでしょうか?
こんにちわ♪ ならでわ屋 よしみです。

東浜の取材は、のりサンと私よしみで行ってきたのですが、社会科見学チックでしたー。
非常に楽しかったです☆

衛生第一ということで、白い割烹着みたいなのを着て工場内へ。
遠赤外線乾燥機』というなが〜〜〜い機械があって、その中をじっくりじっくり時間をかけて通ったお魚さんたちが干物になっていくというとってもすごい機械。実は九州でも2件とない装置らしいです。
遠赤外線乾燥機を通すことによって、余分な水分だけを飛ばし、魚の旨みをぎゅっと濃縮してふわっと、そしてみずみずしい干物が出来上がるのです。

詳しいことはもうすぐ出来上がるページを待っていてくださいね♪
一足先にあじとあご(飛魚)の写真だけ載せておきます♪ちなみに手タレはフラさんです☆☆
あじ あご(飛魚)

そして昨日は『TVSテレビ佐世保』さんの番組の収録に行ってきましたぁー!!
またも、のりサンと私よしみというペアなのですが、『I&TV』という30分番組に実は出ちゃいます(>_<)
放映は来週11月16日(木)の20時から
佐世保にお住まいの方でテレビ佐世保を見ることが出来る方は是非ご覧くださいませ。

まぁ、私はほとんどしゃべってませんが(−−;)
緊張しちゃって、全然しゃべれないの。
いやいや。まいった(笑)

その時の写真を載せておきま〜す。
左から2番目がのりサンで一番右が私よしみです♪
テレビ佐世保 I&TV
| 食べる(魚介類) | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
大漁!
先日、にゃ〜こと一緒に平戸へ、定置網漁の取材に行ってきました。
私達はならでわ屋以外のお仕事もしているのですよ。

早朝6時からの取材だったので、家を出たのは3時半、
まだ空にはとってもきれいな月が出ておりました。

白石港から網を仕掛けたポイントまでは漁船で約10分、
ポイントに着いとたん、漁師さん達の動きの機敏なこと!
惚れ惚れする働きっぷりでした。さすが海の男ですよ。

それからはいよいよ私達の出番!
海底に仕掛けてあった網を引き上げていくんですが、その網の重いこと重いこと、
軍手をした手がちぎれそうでしたショック
引き寄せられた網の中では、色んな種類の魚がピチピチと元気に飛びはねていました。
シイラ、ミズイカ、サバ、アジ、イシダイ・・・季節によって魚種は変わるそうですが、
とにかく、その魚の量は半端じゃなかったです。
それからは、ひたすら たも網(すくい網)で、水槽に魚を入れ続けました。

約2時間の漁が終わる頃には、朝日もサンサンと輝き、
自分達のからだのあちこちに張り付いたウロコがぴかぴか光っていました。

そしてその後に、待っていたお楽しみ☆
獲れたての魚を、漁師の奥さんが手早く料理してくれるんです。
ミズイカの刺身、海鮮バーべーキュー、みそ汁、それに新米のご飯・・・。
その美味しいことと言ったらときめき
こんな新鮮で美味しい魚をお腹いっぱい食べられる私達は、なんて幸せ者なんでしょう。

東京の甥っ子にも食べさせたいな〜魚

そうだ、ならでわ屋には、
「鮮魚」「伊勢海老」「さざえ」「牡蠣」「ウニ」・・・
新鮮な魚介類がたくさん揃っているじゃないですかぁ。
もうすぐ干物も登場するらしいし☆

お歳暮に送ろ〜っとプレゼント




| 食べる(魚介類) | 16:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日は「東浜」に干物の取材だ〜
明日は、干物の名産地「東浜」へ取材だ〜
長崎県は、全国でも有数の海産物の名産地!
中でも新鮮な魚を使った一夜干など、美味しい干物を作る工場が並んでいるのが佐世保市の「東浜地区」です。
今夜は、その予習に交渉中の水産会社さん製の「新物のアゴ」を買ってきて早速食べました!
いまの時期の「新物」のアゴは、採れたてをそのまま干物にしたアゴをワンフローズンで出荷するのです!だから、新鮮さが際立ち、苦味もなくとっても美味しいんです!!!

そういった旬の美味しさや、長崎県産の魚にこだわった商品を、これから「ならでわ屋」でご用意できるよう、現在生産者さんと調整中なのです。

明日は、なんと地元のテレビ佐世保さんと一緒に取材に行く予定です。
乞うご期待!
| 食べる(魚介類) | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
【西海国立公園】九十九島 高島のかき
11月は本格的に牡蠣のシーズン。
それに先駆けて、ならでわ屋でも九十九島は高島の牡蠣のご紹介をはじめました♪

九十九島は、西海国立公園に指定されており、島の密度が国内一を誇る緑美しい島で、平戸や五島列島の陸地が外海のブロックとなり、1年を通して波が穏やかな地区になります。台風などに影響されないので、海の幸の宝庫ぴかぴか
また、豊かな緑の成分が海水に流れ込み、牡蠣に最も必要な栄養たっぷりの海水が育ってくれるのです♪

その中でも今回紹介する牡蠣の産地『高島』は、特に人里から遠く離れた場所に位置します。その澄んだ海水の中で育った高島の牡蠣は身もぷりぷりラブ
その水分まで美味しく、酒蒸しにするととってもジューシー♪

そんな牡蠣をたくさんの方に食べてもらいたい!!
そんなならでわ屋スタッフの思いから、今まではインターネット販売をされていなかった初栄丸水産様にお願いして、ならでわ屋で販売をさせていただくことになりました!!
一般的に九十九島の牡蠣は小ぶりと言われるのですが、この高島の牡蠣は九十九島の中でもひと際澄んだ海水の中で育ち、九十九島の中では少し大きめな牡蠣となります。
この間お会いしたときに聞いたのですが、2年ものになれば1個で500gくらいになるそうです汗これにはビックリ。

そして、今回ならでわ屋のお客様だけに、殻付かきとむき牡蠣のセットをご用意してもらいました右斜め上拍手
殻付10個とむき牡蠣100g×5本で2,500円というお買い得な価格♪
ぜひぜひオススメしたい一品です☆

ちなみに殻付かきも3kgで3,500円です♪


私は、ほとんど会社の中でパソコンに向かっていることが多いのですが、
この間の火曜日。この牡蠣の生産元である初栄丸水産さんにお会いしに、相浦桟橋まで行ってきました。

初栄丸水産様の船に乗りながら、お話をさせていただきました♪
結構風があって、小雨も降っていて、ちょっとふらついてたりもしてたのですが、
船に乗るという、初めての体験にとってもドキドキでした☆

西海国立公園 九十九島 高島の牡蠣

今回はお気に入りの写真を添付しておきます♪
自分で撮影して、美味しそうに見えるのがとっても嬉しくて(笑)
| 食べる(魚介類) | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
伊勢海老イセエビいせえびーーー♪
昨日予告していたとおり、慣れない運転で行ってきました、米倉鮮魚店サマ。

最初から壁にぶつけそうになったのはヒミツです(>m<)
途中までは結構順調に走っていたのですが、
最後の最後で道がわからなくなり、
すっごい迷惑な運転をしてたかもしれない(−−;)

今日、米倉鮮魚店サマに行ったのは、
事務的なことが1件と伊勢海老のページが出来たので
その校正を見ていただくことが理由でした。
ちょうど社長もいらして、すぐOKをいただくことができました♪

ちょこちょこっと修正して、イセエビアップしますよん♪
お楽しみに♪
| 食べる(魚介類) | 12:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
鯛のかぶと焼 購入感想♪
やっぱり、また雨が降ってる。

昨日は、焼き菓子とケーキの試食会をしたのですが、
めちゃめちゃ甘かったです。
絶対太る。確実に太る!!
やばいやばい。


さて、この間、鯛のかぶと焼を購入されたお客様から、
感想の声が届きました!!
転載OKだったので、載せてみました♪

友人の自宅改装記念のワイン会に招かれたので、お祝いとお土産として購入し、持参していきました。
同梱されていた木槌を、参加していたご夫婦が抱えた0歳児のかわいい子供さんに持たせて、かぶと焼き開きに挑戦し!大いに盛り上がりました。
あまりの大きさに載るお皿がなかったので、入ってきた箱のフタに包み紙をしいて、真空パックを上半分だけ切り取って盛り付けてかぶと焼き開きをしました。後片付けもカンタンで好評でした。
ワインのつまみとしても美味しく、たくさんあった身は、あっという間に大好評のうちになくなってしまいました。
(長崎県 男性)


参加していたご夫婦が抱えた0歳児のかわいい子供さんに持たせて、かぶと焼き開きに挑戦

これって、楽しそうでいいですよね。盛り上がりそう☆
1歳のお誕生日に餅踏みをする習慣がこのあたりにはあるんですけど(多分(笑)私はしました。)
その時に、お子さんに塩釜開きをしてもらうっていうのもアリですよね!!

| 食べる(魚介類) | 18:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
長崎県特産品「鯛のかぶと焼」(鯛の塩釜焼き)産地直送
鯛のかぶと焼き編

長崎県特産品 ビールのCMで有名に!!鯛のかぶと焼き(塩釜焼き)長崎県北松浦郡鹿町町。日本最西端の美しい西海の海で鯛を育てることを本業としていた水産会社。
それがこの鯛のかぶと焼きを作っている生産会社です。
自分のところで育てている新鮮な鯛を使い、注文があった分だけをすべて手作業でひとつひとつ心を込めて作っていらっしゃいます。
注文が入ると、翌朝の早朝に海上の生け簀から鯛をすくい、すぐに処理をします。そして、午前中には塩釜焼きの完成。そのままの美味しさを味わってもらいたいという生産者のこだわりで、その日の夕方には各地に向けて発送をされます。
そんな生産者の「こだわり」長崎県「ならでは」がたくさん詰まったこの鯛のかぶと焼き。

だから、私たちはこの鯛のかぶと焼きを選びました。


実はこの商品、有名ビール会社のCMの素材として使用されていた「あの」鯛の塩釜焼きなんです!!

木槌で塩釜開きをすることからお祝い事にピッタリで子どもの初節句や誕生日、結婚式なんかにも合いますし、還暦・喜寿・傘寿・米寿・卒寿・白寿などおじいちゃんやおばあちゃんの長寿のお祝いにもいいですよね♪

敬老の日のプレゼント・贈り物にも喜ばれると思います。
家族みんなで集まって、おじいちゃん・おばあちゃんと敬老の日をお祝いしませんか?

長崎特産「鯛のかぶと焼」(鯛の塩釜焼き)産地直送【ならでわ屋】
| 食べる(魚介類) | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) |